信越トレイル

「信越トレイル」ってご存知ですか?

産湯から塩っぱい松之山の湯に浸かっているにいがた観光カリスマに認定されている柳 一成です。

最近「トレイル」って言葉よく耳にしませんか?トレイルランとか〇〇トレイルとか・・・

実はその元祖ともいえるのが信越トレイルです。

新潟県と長野県の県境、関田山脈の尾根づたいにまたぐ全長80Kmに及ぶコースは国内でも稀なロングトレイルコースで、今から10年前の2008年に終点に位置づけられる松之山の天水山までつながりました。

関田山脈は里山でありながら、日本でも貴重な原生林のブナの森が広がり、自然豊かな森林の生態系がそのままの形で残っています。

古くからは越後と信州の交通の要所としても利用され、歴史や風土と共に人間の生活に深いかかわりを持った山脈と言えます。しかしながら標高1,000mで連なる関田山脈は冬には積雪が8mを超える豪雪地帯であり、それが故に大規模開発の手が入らず、ブナの森や貴重な植物などが守られてきました。

そんな訳で、信越トレイルには日常では味わえない魅力がたくさん隠されています。

今回はその中でも、信越トレイルの最終地点である天水山(松之山口)の、世にも美しい原生林のブナ林(言い過ぎかも?)の世界を写真で紹介いたします。
 

春は眩しいほどの新緑、秋には見事な紅葉と(キノコ採り?)を楽しむことができ、トレイルの魅力を感じる入口としては本当にオススメの場所です。増して松之山口から天水山山頂(1,088m)山道は比較的整備されており、初心者の方にもオススメです。長野側から本格的にロングコースを歩いてきた人も「ここの天水山のブナ林が信越トレイルのハイライトだよ!」って、おっしゃってくれています。

そして疲れた身体を松之山温泉で癒すというのが定番となっています。
 

是非とも、手付かずの自然の中で生きる動植物との出会いや、四季折々の美しい風景。日本屈指のロングコースならではの感動を見つけてください。

  

 

※普段運動をしている方であればほとんどのコースを歩くことができます。

ただし、標高差が百メートル以内の細かなアップダウンが連続するコースや急坂もありますので、歩行距離・時間には十分余裕を持った計画を立てて下さいね。

以下、信越トレイルの公式サイトです。スルーハイクをされる方は専属のガイドをつけたほうが安心です。

公式サイトhttp://www.s-trail.net/

そして最後に、7月に私が天水山までご案内させて頂いたお客様がアップされたFBを紹介します。

~信越トレイル触り編~
松之山 大厳寺高原から天水山山頂までの往復。ブナの森を野鳥のさえずり(アカショウビンも)、山野草、キノコ🍄に癒されながら登ること1時間、頂上では雲海も見れて絶景を堪能出来ました。
秋にはさぞ紅葉が素晴らしいことでしょう🍁
コシヒカリのお結び持って一緒に行きませんかぁ〜〜❣️(o^^o)

 

 

©  松之山.com All Rights Reserved.
PAGE TOP
Translate »