令和元年12月3日(火)18:00~

「地区ごとの話し合い やってみる会議」(会場:休養村センター)が開催され、この会をもって、「松之山やってみる会議」全3回が終了となりました。

毎回いろいろな会が重なりながらも延べ175名の方にご参加いただきました。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!

 

「松之山やってみる会議」の全体の達成目標は以下のとおりでした。

・課題解決に繋がる取り組みを小さくてもいいので実行する。

・地域を支える活動が継続できるよう、やり方を見直してみる。

 

アイデアの出しやすいワークショップ形式で話し合いを行ったことにより、どの地区も想定以上の”やってみる”が生まれたのではないかと感じています。

 

参加いただいたみなさんからは、

「アイデアを出しやすかった」

「ほかの地区の話は大いに刺激になる」

「的を絞ったので踏み込んだ話合いができた」

「”やってみる”をやれそうだと思えたことがよかった」

「地区協議会として来年実行しようと思う」

などなど、前向きな感想をいただきました。

 

今回生まれた”やってみる”は、地区ごとに持ち帰っていただきます。

これからが本当の”やってみる”のスタートラインです。

これからどのように”やってみる”を実現していくのか、各地区の取組みにご期待ください(^^♪

 

***

 

以下各地区の発表の様子と生まれた”やってみる”です。

【松之山地区①】

やってみる:芸術祭作品誘致

(目的)大地の芸術祭の作品誘致による地域活性化を目的とする。

やってみたい:大衆劇団の誘致/キムチフェス/縁日の出店

 

【松之山地区②】

やってみる:メイン:屋根雪処理の共同作業化/就農者向けの空き家対策・営農体制の整備

(目的)高齢化社会において屋根雪処理を効率的に行う体制づくり

(目的)高齢化により農業の担い手が減少していくため、外部から新たな農業者を呼び込む

やってみたい:地域の自然を活用したビジネスの展開/子育て環境の充実など

 

【三省地区】

やってみる:高齢者向け食事会

(目的)高齢者の対話、交流、生きがいづくり

やってみたい:集落ごとの花植え/資金帳体/豚兵衛祭/負担の軽減

 

【松里地区①】

やってみる:盆踊りリニューアル

(目的)盆踊りに大勢集まることで、元気があり楽しい雰囲気を作り出す。

 

【松里②】

やってみる:安心安全に暮らせるしくみづくり

(目的)地区住民、特に高齢者の本音を聴き出して安心して暮らせる地区の姿を探る

やってみたい:地区活動の担い手不足の解消、集落ごとの祭りの継続対策

 

【布川地区】

やってみる:盆踊り大会にもっと参加してもらう

(目的)盆踊り大会にもっと参加してもらい、住民同士の関係を強める

やってみたい:活動主体の見直し(集落→地区)

 

【浦田地区】

やってみる:芸能祭の充実

(目的)32年間続いたイベントの継続と脱マンネリ化

やってみたい:室野との交流促進/旧浦田小学校の跡地に花を植える

 

「松之山やってみる会議」は、新潟県の「地域の合意形成促進事業」という補助事業を活用して、

地域づくりコーディネーター山賀昌子さん(NPO法人まちづくり学校理事)に

「話し合い」の段取りやサポートをしていただきました。

実質2回の話し合いで具体的な”やってみる”を各地区が生み出せたのは、

山賀さんからの細やかなサポートをいただいたおかげさまと感じています。

ありがとうございました(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly