夢の家 Dream house

「夢の家」は、アーティスト、マリーナ・アブラモヴィッチの作品で、2000年の第1回大地の芸術祭作品です。
日本家屋を改装した不思議な空間。
慌ただしい現代社会の中で「自分自身と向き合うために夢を見てほしい」
という願いから生まれた宿泊体験施設です。(見学のみも可能)
ここでは彼女がデザインした特製の服を着て眠り、見た夢を「夢の本」に綴ります。
宿泊者によって書き継がれた夢が作品の一部になります。
(2003年に「収穫の家」「エリクシール/不老不死の薬」「米との対話」の3作品が同地に作られました)

◆営業時間/宿泊可能日 大地の芸術祭の里HPをご確認ください。

◆開館時間 AM10:00 ~PM4:00

◆入館料(見学) 大人500円、小中学生250円
※上記金額で上湯集落にある「エリクシール/不老不死の薬」「収穫の家」「米との対話」
の3作品もご覧いただけます。

◆宿泊料金 大人6,300円/小学生3,150円/小学生未満無料

お食事
夢の家では作家マリーナ・アブラモヴィッチの提案に基づいた朝食をご用意しております。
ご宿泊された際はぜひお召し上がりください。

【朝食】
朝食は、作家の作品のコンセプトにより地元津南のパンとコーヒーまたは紅茶の
洋食スタイルです。
朝食は前日のうちにご用意いたしますので、お好きなお時間にお召し上がりください。

※夕食のご用意はございません。
お車で5分程の松之山温泉街などでの外食、またはお持込、簡単な自炊などを
お勧めいたします。
台所には冷蔵庫、IH調理器、トースター、電気ポット、電子レンジ、食器などの
簡単な自炊道具のご用意がございます。

オンライン予約はこちら

電話でのお問合せ    025-761-7767(「大地の芸術祭の里」総合案内所)
メールでのお問合せ dreamhouse@tsumari-artfield.com
HP        http://www.tsumari-artfield.com/dreamhouse/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly