大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ公式HP

2000年から妻有郷で始まった3年に一度開催される「大地の芸術祭」。里山を舞台に、世界中の
アーティストが土地の文化を読み解き、作品を制作する国際美術展です。
松之山地域でこれまでに製作された作品は50点以上にも上り、里山の自然の中に現代アートが
息づいています。会期以外でも常時見ることの出来る作品はたくさんあり、道路端、松之山温泉駐
車場、「森の学校」キョロロ、大厳寺高原、閉校となった小学校など地域のいたるところで現代アート
がお目見えします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly