春、雪解けとともに、松之山の野山には多くの山菜が顔を出します。市販の野菜とは違い独特の風味や苦みがありますが、それがまた山菜の魅力です。山菜を採って食するのは、松之山の春の楽しみのひとつと言えます。
・ウド
  代表的な山菜のひとつで、香りがよく天ぷらや和え物などいろいろな食べ方があります。
根はドッカツと呼び、おふろに入れるとポカポカするそうです。
・コシアブラ
少しひらいた新芽をとって天ぷらにして食べます。
たらの芽よりもおいしいと人気が高い山菜です。
・こごみ(クサソテツ)
あくぬきなどの手間がいらず、おいしい山菜ですが、昔は松之山では食べなかったそうです。
・ゼンマイ
茹でて干し、もんで、貯蔵します。お正月料理には欠かせない山菜です。
胞子葉と栄養葉があり、食べられるのは栄養葉のみです。
松之山では胞子葉をオス、栄養葉をメスと呼びます。
・エビラフジ
早春の代表的な山菜です。香ばしい味がして、くせがなく、とてもおいしいです。
・ヤブカンゾウ
くせがなく、おいしい山菜です。新芽をつんで食べます。
タニシなどと一緒にぬたにして食べるとおいしいです。
・アサツキ
ネギの仲間で、生で食べると少し辛みがあり、お酒とよく合います。
地下茎も食べられるため、秋~冬でも楽しめます。
・ツリガネニンジン
若芽をつんで食べます。えぐみがなくあっさりした味で食べやすく、
昔から親しまれている山菜です。
・ヤマブキショウマ
新芽はしゃきっとした歯ざわりがあり、おひたしなどにして食べます。
・サワアザミ
葉にとげがありますが。若芽のとげは熱を加えると痛くなくなります。
茎はシャキッとした歯触りで。油で炒めると美味しいです。
ご注意:松之山の森林は、ほとんどが私有地です。つまり、人の庭に生えているのと一緒です。もし、見つけても採集等はご遠慮ください。
山菜は松之山地内に点在する「無人販売所」などで季節ごとの種類を
販売しております。ぜひご利用ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly