十日町市の銘柄豚「妻有ポーク」を温泉熱で2時間じっくりと湯治させてできあがったのが湯治豚(とうじぶた)です。温泉熱を利用しているので、環境にもやさしい。お肉の中は美しいロゼ色でプルプルしてしっとりとした食感。
土地の食材を土地に湧く温泉エネルギーで調理する、まさにここでしか食べられない松之山温泉の名物です。旅館、飲食店にて提供されている他、湯守処地炉にて体験メニューもあります。2016年国際ご当地グルメグランプリにて創作型グルメ部門賞を獲得!

湯守処 地炉(じろ)

ここは松之山の迎賓館として様々な体験ができる施設です。

湯治豚づくり

米粉バゲットの囲炉裏焼き

松之山温泉源泉入り米粉バゲットを作る体験です。米粉を温泉水で練り上げた生地(記事は予め用意してあります)を棒にグルグル巻きつけ、これを囲炉裏で色よく香ばしく焼き上げホックホクの焼きたてを食べる、美味しい体験♪

焼きたてバゲットには湯治豚を挟んで食べるとなお美味しい!
松之山出身で東京世田谷「シニフィアン・シニフィエ」のオーナー志賀シェフ監修によるバゲットです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly