下川手集落には大正から昭和にかけての子供たちが描いた絵画や書が3,000点も保存されています。里山で行われていた自治的な学びをとおして教育のあり方を考えてみませんか。今回はポーランドの子供が描いた絵も展示されます。当時、国際的に逆の立場であった二国が戦争をどのように表現していたか体感してください。

日時:平成30年8月1日から8月26日まで 10:00~16:00
会場:十日町市松之山松口972-2 古民家「屋敷」
※美人林に向かう途中に看板があります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly