• HOME
  • 最新企画展

里山のど真ん中にある小さな博物館。キョロロの扉を開けて里山の自然に飛び込もう!

[ 施設案内 ]

最新企画展

「森の学校」キョロロでは、10月24日(土)よりアンコール展「美人林ものがたり-里山の美しきブナの森の秘密-」を開催いたします。
令和2年度、十日町市の「究極の雪国とおかまち -真説!豪雪地ものがたり-」が日本遺産に認定されました。十日町市には、四季の移ろいによって違う表情を見せる豊かで特徴ある景観が形成されています。棚田が広がる里山や、薪炭林として利用されたブナ林の風景からは、豪雪地の人々の知恵とたくましさを感じることができます。企画展「美人林ものがたり」は平成29年度秋-冬季に開催した企画展のアンコール展で、ブナ林に関わる里山の暮らしや雪国ならではのブナの生態などから、四季折々の美人林の美しさの背景にあるものがたりをたっぷりと紐解きます。
展示ではドローンで空撮した四季の美人林の迫力ある映像がまず来館者をお迎えします。また「美人林の名付け親は?」「美人林の地下にトンネルがある!」「美人林のブナが弱っているって本当!?」といったトピックを多数紹介し、様々な美人林のものがたりに触れることができる企画展です。
会期は令和3年3月14日(日)までで、これから始まる秋の紅葉や冬のスノーシュー散策など、美人林への来訪と合わせてご覧いただきたく思います。

【会期】令和2年10月24日(土)~令和3年3月14日(日)