• HOME
  • 最新企画展

里山のど真ん中にある小さな博物館。キョロロの扉を開けて里山の自然に飛び込もう!

[ 施設案内 ]

最新企画展

夏季企画展「眼展-生き物が見る世界のカタチ-」

\生き物はどのように世界を見ているのか?/
7月17日(土)から動物が持つ「眼」をテーマに、夏季企画展「眼展-生き物が見る世界のカタチ-」を開催します。
眼から入る情報は人間の脳で処理する情報の大部分を占めると言われています。全動物種の90%以上が眼を持ち、視覚は多くの動物にとって重要な役割を果たしています。
生き物はどのように世界を見ているのでしょうか?眼の形や機能は動物によって実に多様で、動物ごとに「世界の見え方」は異なっています。
企画展では里山に生息する昆虫やクモ、カエル、ヘビ、鳥などの様々な動物が持つ眼の多様性と、それらの動物がどう世界を見ているのかをご紹介します。子どもから大人までたっぷりと生き物の眼の世界を楽しめる内容です! 期間:2021年7月17日(土)~10月17日(日)