logo

メニュー
TOP
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
コンテンツ一覧
サブカテゴリー一覧

うすけの小部屋

志賀夘助氏のデータベースを
公開致しました。

サイトマップ

トップ  >  2006  >  2006年企画展

 

 

 

 

2008年7月16日〜9月15日 森を支える小さな戦士〜落ち葉の下のいきもの展〜


リーフレット

 

展示会場入り口

本キャラクターを手がけていただいたトヨカンさんから借り受けた巨大ダンゴム。

そして、パネルにはカニムシシャが10gの土が入った小さな瓶をもって、「この中には何匹の土壌動物がいるでしょう?」とクイズでお出迎え。
さぁ わかるかな?
正解は目の前の扉の向こうに。

 

 

 

 

光のトンネル

入り口の質問の答えはこの光の数だ。
なんとたった10gの土の中に3000匹もの土壌動物が暮らしているのだ。

3000匹と聞いてピンと来なくても、これならすぐに土の中はすごい数の生き物がいるって感じることができるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土壌動物をのぞいて観察してみよう!

のぞき穴には顕微鏡が仕込まれており、その向こうには見たことのない土の中の生き物がいっぱい。

 

 

 

 

 

 

のぞき穴をのぞいて見ると

顕微鏡を使うと、目に見えない小さな虫たちの奇妙さ、面白さ、美しさにビックリ仰天!

 

 

 

 

 

 クイズボックス 自作のクイズボックスです。「日本一長い長いミミズは?」という質問に対しての答えも、ただ答えを示すだけでなく、引っ張って長さを実感してもらうなどの工夫を凝らしてつくりました。

 

土の生き物ふれあいコーナー

「アリジゴク」、「ダンゴムシ」、「ミミズ・ヤスデ+いろいろな土壌動物」の3つの大型容器に入れて、おさわりコーナーを設けました。いつもは目もくれられない日陰の生き物たちですが、この場に限っては人気者でした。

 

 

 

 

 

世界の超大型土壌動物コーナー

日本には生息していないオオウデムシやダイオウサソリなど超度迫力の大型土壌動物を飼育展示。みなさんびっくりしてました。

 

 

 

 

 

 

土壌動物紹介パネル+標本など 土の生き物たちは、知名度が低いので、代表グループを選抜してパネル+標本や模型などを使って展示して誰もが土壌動物に興味をもっていただけるように工夫を凝らしました。また、「ミミズの土の移動実験」、「ダンゴムシの落ち葉の分解実験」なども展示し、土壌動物の生態系における役割も分かりやすく紹介しました。

 

土壌動物巨大ダンボール模型 茨城県立自然博物館からお借りした巨大ダンボール模型です。ダンボールといえどもとても精巧につくられており、びっくりの模型でした。

 

研究最前線コーナー

土壌動物を研究する道具や方法などの展示コーナーとキョロロの学芸員が行った土壌動物の研究紹介コーナー。

 

 

 

 

 

皆越ようせい写真展〜落ち葉の下をのぞいてみたら〜

日本一(日本でただ一人の)の土壌動物の写真家である皆越ようせい氏の写真展を開催。

手前の机は、土の生き物図書コーナー。

 

 

 

【展示タイトル】森を支える小さな戦士〜落ち葉の下の生き物展〜

【開催期間】平成20年7月16日〜9月15日

【会場】十日町市里山科学館 越後松之山「森の学校」キョロロ キョロロホール

【担当】永野昌博・澤畠拓夫・深沢知里・大脇淳

【入館者数】6,415人

【概要】

水源林を保全する上で重要な「土」の役割、その土をつくりだす「土壌動物」の役割、ならびに「森と土と土壌動物」のつながりを広く一般の方々に理解してもらい、水源林の保全への興味・関心を高めることを目的として行った。

展示内容は、体験的な展示、刺激的な展示を多く取り入れ、五感に訴える展示となるよう心がけた。また、身近な場所と道具での実験、研究の成果も展示し、土という未知の世界をできる限り分かりやすく展示した。

また、本展示と平行し「土と森に関する総合学習」、「シンポジウム」、「啓発冊子の制作」等を行い、より深く、広く、土への理解と水源林保全の啓発を行った。

【展示内容】

パネル25点/乾燥標本40点(一部、茨城自然博物館より賃借)/プレパラート標本30点/実物(飼育展示)7点/精巧拡大模型10点(茨城自然博物館,千葉県立中央博物館より賃借)/段ボール巨大模型7点(茨城自然博物館)/写真15点(皆越ようせい氏より賃借)/覗き穴ボード1点(顕微鏡18台)/クイズボックス6点/お触り土壌動物コーナー/実験コーナー/研究紹介コーナー/読書コーナー

【共催・関連イベント】

・小中学校の総合学習における土壌動物調べ:7/17,9/2,9/4

・小中学校の教職員への指導技術研修:8/18

・自然体験イベントにおける土壌動物調べ:8/13,8/16

・里山学会「土から世界を考える」:8/9

・講演「土から地球を考える−土壌動物と菌類の機能と多様性−」:9/6 

【共催】

日本土壌動物学会

【助成】

農林水産省 農業用水水源地域保全対策事業

プリンタ用画面
投票数:83 平均点:5.18
カテゴリートップ
2006
次
2006年度大地の芸術祭企画展 「life-size」



十日町市立里山科学館 越後松之山「森の学校」キョロロ
TEL:025-595-8311 FAX:025-595-8320 E-mail:kyororo@dolphin.ocn.ne.jp
Copyright(c) 2007 Echigo-Matsunoyama Museum of Natural Science. All Rights Reserved.