logo

うすけの小部屋

志賀夘助氏のデータベースを
公開致しました。

サイトマップ

トップ  >  市民協働調査

 【市民協働調査】

キョロロでは、十日町市に生息する動植物の種類相や生態の解明、それらの活用方法の開発などを目的として、市民の皆さまと協働で様々な調査や自然体験プログラムの実践を行っています。市民協働調査を通して、これまで当たり前に思っていた身近な理息の自然の魅力を再発見することが出来ますよ。是非、気軽にご参加ください。
※調査への参加はいずれも無料です。
※定員制の市民協働調査は、先着順で1ヵ月前からご予約いただけます。イベントカレンダーで日時をご確認の上、キョロロまでお問い合わせください。

〈今年度の市民協働調査〉 

 トンボ調査
ニホンカワトンボの写真 

 トンボは、幼虫(ヤゴ)時代と成虫時代のどちらも田んぼの害虫を食べてくれる身近な生き物として古くから人と深くかかわってきました。しかし、近年の人の暮らしや農法の変化によってその数が全国的に激減しています。そこで、トンボの成虫やヤゴを採集して、十日町地域の池や川などにどんなトンボがいるかをみんなで一緒に調べます。自然のしくみの巧みさや美しさ、不思議さを体感しましょう。

[実施日] 5〜11月の第1土曜日
[時間]  13:30〜16:00
[定員]  20名
[共催]  松之山野鳥愛護会

 

 

花ごよみ調査
 花ごよみ調査の様子

 里山の水辺や草地、森の中など様々な環境を含むルートを毎月散策しながら、残雪のある4月から秋が深まる11月まで、咲いている花々を記録し里山の花々の季節の移ろいを調査します。毎年200種ほどの咲いている植物を観察しており、絶滅危惧種や外来種を含めた松之山の自然環境の現状や変化の把握や、ガイドマップ作成やインターネット上での発信などを通じて、松之山の魅力発信を行っています。調査では種名を覚えることよりも「楽しく里山を歩き発見を共有する」調査を心がけています。参加者からは地元ならではの植物に関する様々な知恵が飛び交い、参加者で発見を共有することで世代間や地域内外との交流、地域を知るきっかけづくりを目指しています。

[実施日] 4〜11月の第2土曜日
[時間]  13:30〜16:00
[定員]  なし
[共催]  松之山自然友の会

  

ブナの森ジュニア研究室
 採集した水生生物を観察する小学生たち
 科学の視点で地域を見ると、普段何気なく見ていた世界が宝物に満ちていることに気づくはずです。今年から始まる「ブナの森ジュニア研究室」は、自然大好きな子どもたち、じっくり調べることが好きな子どもたち、これから地域をもっと知りたい子どもたちの受け皿として、科学の考え方を楽しく学ぶ体験を通じて、子どもたちの「地域を学ぶ力」の育成を目指します。今年は、”観察する””集める””比べる”を各回テーマに、夏休みの自由研究の充実を1つの目標に楽しく科学の考え方を学び、自分の考え方を発信する楽しさも体験します。目指せ、リケダン・リケジョ!

[実施日] 5〜7月の第4土曜日
[時間]  13:30〜15:30
[定員]  15名
[共催]  松之山ブナの里創り実行委員会

  

ブナの森ようちえん
 ヒキガエルを発見して驚く子どもの様子

 幼児期に五感を使ってのびのびと自然とふれあうことは、子どもたちの心と体の発育にとても大切だと言われています。同時に身近な自然を教材とした保護者世代の自然への関心の高まりも、幼児期の環境教育の充実に重要です。このような幼児期における自然体験ニーズの受け皿として、「ブナの森のようちえん」は、子どもと保護者がブナ林の中で五感を使った遊びや自然の知識を体験し、楽しい!面白い!不思議!という感性を家族で共有し育むことを目指します。地域で保育や野外教育に関心のあるボランティアスタッフと共に、それぞれ季節に合わせた内容で企画実施、十日町市における幼児環境教育の充実を目指します。

[実施日] 6/6,8/1.11/7,2/6(いずれも第1土曜日)
[時間]  10:00〜12:00
[定員]  10組のご家族
[対象]  未就学児を含むご家族

 

ハナバチ調査 
 ナンブアザミを訪花するトラマルハナバチ

 季節を彩る花々は、私達の心を癒してくれる存在ですが、ミツバチやマルハナバチといったハナバチの仲間にとって、花が作る蜜や花粉は生きていくうえでかかすことが出来ない栄養源です。また、花にとっても、これらのハナバチたちは、花粉を運んでくれる大切なバートナーです。当調査では、季節の花々を訪れたハナバチ達は花粉を運んでくれる大切なパートナーです。当調査では、季節の花々を訪れたハナバチたちを網で採集して、十日町市にどんな種類のハナバチがいるのか、どの花にどんなハナバチが訪れるのかといったことを調べます。(チラシPDFはこちら

[実施日] 5/16,6/20,7/18,8/15,9/19,10/17(いずれも第3土曜日)
[時間]  13:30〜16:00
[定員]  10名
[共催]  松之山自然友の会

 

 

探鳥会 
探鳥会の様子 

 キョロロが出来るずっと以前から松之山野鳥愛護会が開催してきた、野鳥の宝庫松之山ならではの市民協働調査です。現在はキョロロと協働で開催されています。

[実施日] 毎月第4土曜日
[時間]  月によって異なります。事前にキョロロまでお問い合わせください。
[定員] なし
[共催] 松之山野鳥愛護会

 

プリンタ用画面
投票数:19 平均点:7.37
前
主な体験イベント・プログラム
カテゴリートップ
TOP



十日町市立里山科学館 越後松之山「森の学校」キョロロ
TEL:025-595-8311 FAX:025-595-8320 E-mail:kyororo@dolphin.ocn.ne.jp
Copyright(c) 2007 Echigo-Matsunoyama Museum of Natural Science. All Rights Reserved.