• HOME
  • キョロロへようこそ

全面サビ覆われてた世界的にもユニークな博物館! キョロロが挑戦する地域づくりとは?

[ キョロロについて ]

里山科学館「森の学校」キョロロへようこそ

〜 館の名前の由来は「アカショウビン」のさえずり 〜

「キョロロ」という館の名前は、松之山の里山を代表する野鳥「アカショウビン」の鳴き声「キョロロロロ~」から名付けられました。アカショウビンは南国から松之山に渡ってきて営巣をする渡り鳥です。飛来時期は田植えの始まる梅雨の季節で、松之山ではこの時期を「さずえ」と言います。アカショウビンは「さずえどり」として呼ばれ親しまれてきた旧松之山町の鳥です。

アカショウビン

▲ アカショウビン (C)芦田久

〜 概要 〜

十日町市立里山科学館 越後松之山「森の学校」キョロロは、雪国の里山のど真ん中に位置する小さな科学館です。雪降る里山「雪里」の生物多様性に関連した展示や豊富な体験プログラムで里山を楽しく体験し学ぶことができます。また、地域の博物館として様々な方々と里山の生物多様性や文化を調査・研究することに力を入れています。その成果を展示・教育・体験・観光などの博物館活動へ幅広く活用することで、里山の保全と地域づくりを目指しています。周囲には、日本一美しいと称されるブナの二次林「美人林」や、森林やため池群が広がる約80ヘクタールの里山「キョロロの森」が広がり、自然観察をはじめとした各種体験プログラム、体験学習や動植物の保全活動の場として活用されています。

キョロロ外観

▲ 館の外観

美人林

▲ 美人林

館内画像

▲ 館内活動

館外活動

▲ 館外活動

バッタ