メインメニュー

トップ  >  自然  >  美人林(びじんばやし)

美人林(びじんばやし)

松口の北の丘陵に樹齢90年ほどのブナの木が一面に生い茂っています。あまりにもブナの立ち姿が美しいことから「美人林」と呼ばれるようになりました。
昭和初期、木炭にするため全て伐採され裸山になりました。ところがあるとき、この山のブナの若芽が一斉に生えだし、ブナ林が野鳥の生息地として見直され、保護されるようになりました。今では多くの人が訪れ、森林浴を楽しんでいます(外気より気温が2℃低いと言われております)

Googleマップ

カーナビゲーション御利用の場合は
十日町市立里山科学館 越後松之山「森の学校」キョロロ
TEL 025-595-8311 を目的地にすると良いと思います。


投票数:595 平均点:5.31
カテゴリートップ
自然
次
天水越(あまみずこし)のブナ林