メインメニュー

トップ  >  自然  >  天水越(あまみずこし)のブナ林

天水越(あまみずこし)のブナ林  

amamizu-bunahayasi.jpg

日本自然百選に選ばれたブナの原生林が、長野県境にある天水山の北側約200haにわたり広がっています。5m以上の豪雪に耐え抜いたブナは、樹木が複雑な造形をしたものが多く見られます。

冬は民家のある生活道路しか除雪しませんので、
車で大厳寺まで行くことは出来ません、4月下旬(例年GW前)には開通します、

大厳寺より先、天水越のブナ林、
津南町山伏山や深坂峠、野々海池方面へは6月下旬〜7月上旬ごろ通れるようになります、

※その年の雪の状況により変わりますのでお問い合わせください、

芽吹きの時期は、5月初旬ごろ
新緑の見頃は、5月上旬〜5月中旬

(2010年05月25日撮影)

バードウォッチング、6月上旬〜10月上旬

紅葉の見頃、10月中旬から11月上旬

(2009年10月23日撮影)

投票数:534 平均点:3.71
前
美人林(びじんばやし)
カテゴリートップ
自然
次
中尾の亀杉