美人林(びじんばやし)

松之山には、新潟県が誇るブナ林「美人林」というスポットがあります。
春の新緑は美しく、夏は涼しく、秋の紅葉はあっという間ですが圧巻で、冬はブナの枝に積もった雪に太陽の光が反射し、雨の日もブナの幹を伝って流れる雨がとても美しいブナ林です。

5月

実はこのブナ林、大正末期に木炭にするため全て伐採され裸山になったんだそうです。
ところが翌年、一斉に芽を出し成長して行きました。
長い年月が過ぎ、背丈の揃った約300本のブナの立ち姿があまりにも美しいことから「美人林」と呼ばれるようになったそうです。今では年間10万人もの観光客が訪れる松之山の外せない観光スポットになりました。
林内はふかふかな落ち葉の上を自由に歩き回れるようになっており、それほど起伏もありませんので、ゆっくりと歩いていただけます。

8月

お急ぎの方でも30分くらいの時間があれば十分に美人林を満喫できます。夏の林内はマイナスイオンと爽やかな風でマイナス2度は涼しいと言われています。

11月

ブナの紅葉はもみじのような派手さはありませんが温かみのあるオレンジに染まります。
霜が降りたり、強風が吹くと一晩で全ぶ落葉してしまう事があります。木に葉が無くなっても落ちた葉がオレンジの絨毯のようになりそれもまた美しいのです。

12月~3月

  
冬期は駐車場の除雪しませんので、隣接の「森の学校」キョロロの駐車場をご利用ください。
積雪は2~3メートルにもなりますので、長靴やスノーブーツだけで歩かれるのは厳しいかもしれません。「森の学校」キョロロにてスノーシューレンタルをお勧めします(火曜日休館)。
林内の中心には池があります。水面が凍ってその上に積雪すると大変危険です。十分にお気をつけください。

また、地元ガイドが案内してくれる美人林スノーシュートレッキングのツアーは、安心して散策ができますので人気です(要予約)
美人林スノーシュー体験プラン
お問い合わせ:ひなの宿ちとせ 025-596-2525

しっかりと整備されており、普通車からマイクロバスまで約30台が駐車できます。
大型バスは、隣接の「森の学校」キョロロの駐車スペースがあります。大型バスが10台来ても楽勝です。いずれも駐車料金は無料です。

2018.4.22 美人林の新緑の見頃(ドローン映像)

2018.4.25 美人林の新緑の見頃(散策編) 

松之山随一の観光地「美人林」は雪の時期にスノーシューを履いて散策するツアーが人気ですが、美人林がもっとも輝くのはやっぱり春なのではないでしょうか。残雪と芽吹きを撮りにカメラマンがたくさん訪れます。

3月下旬~4月中旬

根開けといって根の周りからサークル状に融けて行きます。芽吹いたばかりのやわらかい葉はまだ黄緑色です。残雪の白と若葉とのコントラストが映える季節です。

アクセス Click to English

所在地:十日町市松之山松口1712-2付近

<公共交通をご利用の場合>
北越急行ほくほく線「まつだい駅」より東頚バスに乗車し「堺松」バス停で下車して下さい。
(バス乗車約15分、バス停より徒歩約20分)

冬期間は積雪がありますのでタクシーをお勧めします。東部タクシー 025-597-2254

<車をご利用の場合>
○東京方面より
関越自動車道「塩沢石打IC」から国道353号線に入り、松之山温泉方面に走行してください。(塩沢石打ICから約60分)

○新潟方面より
関越自動車道「越後川口IC」から国道117号線-国道253号線-国道353号線を経由してお出で下さい。
(越後川口ICから約60分)

駐車場(無料)30台収容可能

※大型車および冬期間は「森の学校」キョロロ(新潟県十日町市松之山松口1712-2)の駐車場をご利用ください(無料)
※公衆トイレ併設

 

 

 

©  松之山ドットコム All Rights Reserved.
PAGE TOP
Translate »