Archive for the '①生き物だより' Category

今年のカブトムシルームについて

日曜日, 6月 28th, 2020


飼育しているカブトムシの幼虫がサナギになり始めました。

例年夏季に館内に設置してまいりました「カブトムシルーム」につきまして、例年同様のスタイルではお客様が密になる状況の回避が困難であることから、今年度はケージ内に飼育展示するカブトムシを外から観察するスタイルへ変更させていただく予定です。スタイルが変更になりましても、カブトムシの特徴を観察しながら様々な発見を楽しんでいただけるコーナーとなるよう工夫を行う予定です。

毎年楽しみにしていただいている皆様には大変申し訳ございません。新型コロナウイルス感染拡大防止に取り組みながら安全に楽しめるミュージアムづくりの一環といたしまして、何卒ご理解・ご了承いただきますようお願いいたします。

6月の定例探鳥会のご案内

木曜日, 6月 25th, 2020

6月27日に松之山野鳥愛護会との共催で6月の定例探鳥会を開催いたします。

【日時】2020年6月27日(土)4:30~7:30
【集合場所】キョロロ駐車場
【定員】20名(事前申込制)
【その他】新型コロナウイルス感染拡大防止対応について
http://www.matsunoyama.com/kyororo/colonayobou/

参加される方は前日までにキョロロにお申し込みください。

十日町市では、感染拡大防止策を徹底した上で、公共施設や観光施設等の利用について段階的に緩和しております。キョロロでは6/30まで東京/神奈川/埼玉/千葉/北海道からのご来場が制限されています。何卒ご理解・ご了承いただきますようお願いいたします。

松之山での野鳥の初確認が続いています。
昨年秋のオオバン、今年の冬のオナガガモに続き、5月5日に田んぼでクサシギが会員により松之山地域では初めて確認されました。
松之山地域の確認種は19目47科147種3亜種となりました。(1981年4月からの記録)
新潟県野鳥愛護会の千葉晃さんからクサシギに関して次のようなコメントをいただきました。

添付のクサシギは多分若鳥で、夏羽へ衣替えの途中で性別は不明。クサシギは単独での出現が多く、平野部の水辺(福島潟、佐潟、水田)や山麓の河川・湿地等で記録があります。数は多くありません。本県では定期的な出現地は知られていないようですが、私がカワガラスの調査に出掛けている加茂市・加茂川ではほぼ毎年春・秋(時には厳冬期)に1~3羽を見かけます。状況は日本各地で同様だと思います。

クサシギ 5月5日 村山(祐)撮影

会員による最近の野鳥の記録写真を紹介します。

ハチクマ 6月10日撮影

ノスリ 6月24日 樋口撮影

サシバ 成鳥 6月24日 樋口撮影

サシバ 幼鳥 6月6日撮影

オシドリ 5月31日樋口撮影

カルガモ 6月8日撮影

コチドリ 5月21日 樋口撮影

おもしろい動きをするハクセキレイ 6月16日 樋口撮影

オオルリ 5月31日撮影

ノジコ 5月23日 村山(祐)撮影

6月の花ごよみ調査

月曜日, 6月 22nd, 2020

6月20日(土)に6月の花ごよみ調査を開催しました。
今年度は松之山地域の大松山(たいしょうざん)を会場としています。
今回は38種の開花した植物を観察することができました。

ヤマツツジが花盛りでした。山頂に近い尾根的な環境で多く見られました。

オオバギボウシが立派な花を咲かせていました。
「ウルイ」とも呼ばれ山菜としても親しまれている植物です。

先月の会では花盛りだったアカモノは、実を実らせていました。

ヤマグワの実も熟してきました。

ウツボグサ

シロバナニガナ

花ごよみ調査では花だけではなく、野鳥や昆虫など様々な生物も観察することができます。
今回はクロツグミのさえずりをよく聞きました。
林縁ではマイマイガやオオノコメエダシャクの幼虫などカラフルな幼虫も見ることができました。

次回は7月18日(土)13:30~16:00に開催いたします。
集合場所は大松山の登り口ですが、集合場所がよくわからない方は13:00にキョロロにお集まりください。