Archive for the '①生き物だより' Category

1月の定例探鳥会の報告と2月の定例探鳥会の案内

水曜日, 2月 21st, 2024

1月の探鳥会の報告と2月の定例探鳥会のご案内

1月の定例探鳥会

令和6年2024年1月27日(土)。

午前8時30分から11時30分まで 松口地内周回コース(約2㎞)

天気:雪、参加者:大人8人、11種の鳥確認

降雪が続く中での探鳥会でしたが、出発して間もなく二羽のノスリを見つけました。冬の季節にノスリを2羽同時に確認することは珍しいです。また、今回出会ったカラ類の混群はヒガラを中心としたシジュウカラとだけのものでした。このことは今回の探鳥会の特徴的なことでした。冬鳥のマヒワの30羽以上の群れが雪の中を舞い、キツツキ類のケケケケッという声が終始聞こえた探鳥会でもありました。

確認種数11種 ノスリ、コゲラ、アオゲラ、カケス、ハシボソガラス、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、スズメ、セグロセキレイ、マヒワ

探鳥会で撮影された野鳥

雪が降りしきる中、杉の梢に止まるノスリ

雪の中を飛ぶノスリ

杉の梢に止まるハシボソガラス

カラ類の混群の中心はヒガラでした

杉の種を食べるヒガラ

飛び立ったヒガラ

降りしきる中での探鳥会

2月の定例探鳥会のご案内

雪の消え際には春の草花が花を咲かせたり、芽を出したりしています。

また、最近小雪で気温の高い日が続き、ヤマガラやミソサザイの囀り、キツツキのドラミング、アオゲラのピョーという声、ゴジュウカラの濁った声などが聞こえ、季節が春に近づいている様子を感じさせています。

さて、松之山野鳥愛護会と「森の学校」キョロロの市民協働調査でもある2月の定例探鳥会をご案内します。

【日 時】令和6年2月24日(土)午前8時30分〜11時30分
【集合地】「森の学校」キョロロ駐車場
【日 程】午前8時30分 探鳥会開始
探鳥会に続いて、鳥合わせ・情報交換
午前11時30分 終了予定
【申し込み】「森の学校」キョロロ
※当日は寒さが予想されます。防雪、防寒対策をして参加してください。

最近撮影された野鳥

カケス

シジュウカラ

ヒガラの群れ

ヒガラ

水を飲むヤマガラ

【積雪期限定】スノーシューでブナの巨木に会いに行く<3/2(土)開催>

金曜日, 2月 16th, 2024

\ブナの巨木に会いに行こう!/
キョロロの森の中に佇む1本のブナの巨木。推定樹齢は約200年くらいと考えられます。この森を長年にわたり見続けてきた森の主にスノーシューを履いて会いに行きます!

【日時】2024年3月2日(土)13:30-15:30
【定員】20名(予約制)
【体験料】500円、小学生未満無料、友の会:高校生以上200円、小中学生100円(別途入館料必要)
【集合】「森の学校」キョロロ
【装備】防寒対策、雪の上で活動できる服装や足回りをご準備いただきお集まりください。スノーシューはご用意いたします。

12月の定例探鳥会の報告と1月の探鳥会の案内、ミツユビカモメ保護の報告

水曜日, 1月 24th, 2024

12月の定例探鳥会の報告

2023年12月23日(土) 午前8時30分から11時まで キョロロの森から松口地内周回コース(約3㎞)

天気:雪、開始時気温:-3℃、参加者:大人6人、確認種:18種

強い寒波の到来で降りしきる雪の中を探鳥会に出発しました。時折雪が小降りになると、鳥たちも姿を見せるようになりました。

歩き始めてすぐに電線にセグロセキレイが止まり、木の梢にはツグミの群れが現れました。越道川周辺では川面を泳ぐマガモに出会いました。川岸の木には、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、エナガなどのカラ類の混群がいて、その中に一羽混じっているキクイタダキを見つけました。ラッキーでしたね。なかなか見られない日本で一番小さなかわいい鳥です。

観察をしていると目の前の川岸からイタチが現れ、川の中を泳ぎ対岸に渡り、さらに雪の中を潜り進むとその先で顔を出しました。かわいい顔をしていました。

鳥をはじめとしていろいろな生き物にも出会えた探鳥会でした。

確認した鳥 マガモ、ノスリ、ヤマセミ、コゲラ、オオアカゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、キクイタダキ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、カワガラス、ツグミ、セグロセキレイ、カワラヒワ

会員が撮影した野鳥

マガモ 樋口撮影

ノスリ 加藤撮影

キクイタダキ 加藤撮影

シジュウカラ 加藤撮影

シジュウカラ 樋口撮影

メジロ 加藤撮影

ツグミ 加藤撮影

イタチ 樋口撮影

集まった参加者 樋口撮影


川岸で観察する参加者 村山撮影

十日町市松代で海鳥で冬鳥のミツユビカモメ保護

12月19日 午後3時頃

松代の国道253号線、松代郵便局付近で飛び立てず道路脇にうずくまっているミツユビカモメを保護しました。

一時預かりましたが翌朝には亡くなってしまいました。

二、三日前の大雪を降らせた強風で迷い込んだものと思われました。

ミツユビカモメは冬鳥で、日本近海に渡ってきます。海岸から離れたところに見られるようです。新潟県では、内陸まで迷行した記録があります。

とても珍しい出来事でしたので報告いたします。

保護されたミツユビカモメ 村山保護、撮影

1月の定例探鳥会のご案内

松之山野鳥愛護会と「森の学校」キョロロの市民協働調査でもある1月の定例探鳥会をご案内します。

【日 時】令和6年1月27日(土)午前8時30分〜11時30分
【集合地】「森の学校」キョロロ駐車場
【日 程】午前8時30分 探鳥会開始
探鳥会に続いて、鳥合わせ・情報交換
午前11時30分 終了予定
【申し込み】「森の学校」キョロロ
※当日は降雪が予報されています。防雪、防寒対策をして参加してください。

最近撮影された野鳥

ここからは樋口撮影

カケス

ジョウビタキ

ヤマドリ

オオアカゲラ

モズ 村山撮影