Archive for the '③イベントだより' Category

春の企画展「収蔵コレクション展2020」のご案内

金曜日, 3月 13th, 2020

\昆虫に生えるあの珍種カビ標本も初公開/
「森の学校」キョロロでは4/1(水)から春の企画展「収蔵コレクション展2020~発見!里山の身近な生き物たち~」を開催します。
十日町市出身の故樋熊清治先生の昆虫標本をはじめとする寄贈コレクション、学芸スタッフや市民が収集してきた生物標本を通じて、里山の身近な生き物や生物多様性に触れる企画展です。昨年夏に新潟県で初めて発見された昆虫に寄生する珍しいカビ「スポロディニエラ・ウンベラータ」の標本も初公開します!標本が語る地域の生物多様性の魅力をぜひ発見してください。

企画展「収蔵コレクション展2020~発見!里山の身近な生き物たち~」
【会期】令和2年4月1日(水)~7月12日(日)
※展示入れ替えのための休館:3/16(月)~3/19(木)

第12回つまり市民里山学会の開催中止のお知らせ

水曜日, 2月 26th, 2020

【第12回つまり市民里山学会の開催中止のお知らせ】

3月8日(日)に開催予定の「第12回つまり市民里山学会」は、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の感染防止のため中止といたします。
参加を予定していただいた皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。

収蔵昆虫標本の整理ボランティア

水曜日, 2月 19th, 2020

国際自然環境アウトドア専門学校の学生の皆さんが、春休みを利用してキョロロの収蔵昆虫標本の整理やデータベース化のお手伝いに来てくれました。
研究員が昆虫標本の扱い方をレクチャーし、昆虫の同定、ラベル付け、データベース化を2日間にわたり手伝っていただきました。
学生自身が研究活動で採集した昆虫標本もご寄贈いただきました。大変ありがとうございました!

収蔵標本の整理やデータベース化は博物館活動のベースとなるとても大切な仕事です。キョロロでは今年度から「昆虫標本コレクションサポーターズ」という取り組みを始め、ボランティアの皆さんと昆虫標本整理に取り組んでいます。樋熊清治先生の昆虫標本を中心に、標本箱の中にどんな昆虫がどれだけあるのかを、データベース化していきます。次回の「昆虫標本コレクションサポーターズ」は3/7(土)に開催します。博物館の昆虫標本整理に興味のある方、ご参加お待ちしております!