Archive for the '③イベントだより' Category

定例探鳥会の報告 アオゲラじっくり観察

日曜日, 1月 24th, 2021

1月の定例探鳥会が23日土曜日に実施されました。2m50㎝近い積雪の中、霧がかかる悪天候でしたが17種類の野鳥を確認できました。アオゲラが木の幹でエサを探す様子をじっくり観察できました。

冬鳥のダイサギが悠然と頭上を飛んだり電柱の先端に止まり精悍な姿を披露したりしていました。

昨年大発生したクスサンの繭の近くをシジュウカラ、エナガ、ヤマガラなどのカラ類が採餌する姿がかわいらしかったです。

当日の天候 天気:曇り 気温:1℃ 降雪深:0 積雪深:235㎝ 風はなく霧がかかる

参加者:7名

記録種 17種
カルガモ、アオサギ、ダイサギ、トビ、コゲラ、アオゲラ、カケス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、カワガラス、セグロセキレイ、マヒワ、ホオジロ

探鳥会で撮影された画像

カルガモ 森撮影

カルガモ 樋口撮影

アオサギ 森撮影s

ダイサギ 森撮影

ダイサギ

アオゲラ 森撮影

アオゲラ 樋口撮影

カケス 樋口撮影

ヤマガラ

シジュウカラ クスサンの繭の周りでエサを探す

マヒワ 50羽余りの群れ 樋口撮影

池ノ上の動物の足跡 タヌキやサギ類の足跡がたくさん見られました

ヤママユガの葉に隠された繭の抜け殻
雪国の冬は、積雪の上を歩くので視点が高くなります。今回は足元が2m50㎝ほど高くなっています。視点の高さの変化を楽しむこともできます。

 

 

1月の定例探鳥会のご案内

水曜日, 1月 20th, 2021

キョロロの市民協働調査である1月の定例探鳥会を松之山野鳥愛護会と共催で開催いたします。

【日時】2021年1月23日(土)8:30から11:30まで

【集合場所】キョロロ駐車場に午前8時30分までにお集まりください。

【定員】20名(事前申込制)

【その他】
〇新型コロナウイルス感染拡大防止への対応をお願いします。

◯寒さが厳しくなっています。防寒への十分な備えをお願いします。

〇参加される方は前日までにキョロロにお申し込みください。

◯年末から降り続いた雪は、キョロロ付近で1月10日に345㎝を記録しました。その後、降りやみ今朝の積雪はキョロロ付近で255㎝となっています。23日の探鳥会当日は雪面が締まっていますので天候によってはキョロロの森コースを探鳥できるかもしれません。

集落内の残り柿はほとんど無くなってしまいました。それでも残った「へた柿」にヒヨドリが来ています。

最近撮影された野鳥を紹介します。

ノスリ

クマタカ

カケス

ウソ 樋口撮影

ヤマガラ

 

若木迎え・どんど焼き・花餅飾り2021

日曜日, 1月 10th, 2021

【若木迎え・どんど焼き・花餅飾り2021】
小正月の伝統行事イベント「若木迎え・どんど焼き・花餅かざり」を本日開催しました。新年の恵みを祈り、家内安全・無病息災を祈る、雪里松之山の小正月の伝統行事です。皆様に一刻も早く平穏な日々が訪れますよう、雪深い松之山からお祈り申し上げます。
若木迎えは約40~50年ほど前まで松之山の各集落で行われてきましたが、薪を燃料として使わなくなった現在では行われなくなり、一度途絶えてしまった伝統行事です。積雪4mに迫る雪深い山に分け入り、その年の恵方(今年は南南東)に向かい祭壇を作り、旧年の感謝と新年の恵みを祈念しました。皆様に幸せが訪れますように。その後、参加者の方に協力いただきながら、周辺の若木、枝を伐りました。若木迎えは「木伐り正月」とも呼ばれ、1/11~14の間に行われることが多かったそうです。
若木迎えで切ってきた木を囲炉裏で燃やして煙を浴びると若返る、体が丈夫になるという言い習わしがありますが、キョロロでは伐ってきた木を、藁でつくった賽の神に刺し入れ、いっしょに燃やします。子どもたち中心に点火していただき、豪快に燃え上がるサイノカミ。カラムシの茎でつくった「トボシ」を使って、火を分け点火します。
その後館内に移動し、花餅かざりを作りました。今年も5色の花餅を用意しました。雪に覆われ花のないこの時期に行われてきた小正月の伝統行事です。立派な花餅飾りが完成しました!
新型コロナウイルス感染拡大防止策として例年とは違い規模縮小や制約がある中でしたが、無事に小正月の伝統行事体験イベントを開催することができました。みなさま良い年になりますように。