Archive for the '③イベントだより' Category

【2/9開催】雪里の伝統祭事「十二講」のご案内

日曜日, 1月 26th, 2020

2月9日(日)に毎年恒例の雪里の伝統祭事体験イベント「十二講」を開催します。

かつての雪里では、雪が降り積もっているこの時期に山に入り始め、伐った木を、雪ぞりを使って運び出しました。「十二講」はそんな山仕事の無事を山の神に祈願する祭事です。しかし、人と山の関わり方が変化したこともあって、松之山では数十年前に途絶えてしまいました。
そこで、キョロロでは雪里の伝統文化を継承・発信する目的で、毎年地域の方々の協力を得ながらイベントとして開催しています。
「カラコ」というお団子を参加者みんなで作り、一部を「ワラツトッコ」というワラ製の筒にいれて山の神様にお供えした後、残りのカラコをゆでて試食します。雪里の伝統文化を楽しみながら体験できるイベントです。
お誘い合わせの上ご参加ください!!

【日時】2020年2月9日(日)10:00~12:00
【会場】「森の学校」キョロロ 館内地炉端周辺

山の神様にお祈りする参加者



米をすりつぶしてカラコを作る参加者

昆虫標本データベース化のサポーターを募集します

金曜日, 1月 17th, 2020

「森の学校」キョロロには、歴代のキョロロ研究員が作成した昆虫標本や地域の方々から寄贈された昆虫標本が数多く収蔵されています。特に新潟県の昆虫研究の大家である「樋熊清治先生」よりご寄贈いただいた昆虫標本はドイツ箱800個以上もの大コレクションです。キョロロでは地域の生物多様性を把握しその保全に役立てるために、こうした昆虫標本コレクションのデータベース化を推進しています。しかしながら、キョロロの研究員だけではこの莫大な点数の昆虫標本を整理することは難しいのが現状です。
そこでキョロロでは研究員と一緒に昆虫標本を整理し、データベース化をサポートしてくださる方を募集します。

昆虫の標本整理や昆虫の研究に興味がある方、地域の昆虫の多様性に興味がある方、博物館でのボランティアに興味がある方等、どんな方でも歓迎です。
昆虫に興味あるけれど詳しくない方でも、キョロロの研究員が昆虫の種類の調べ方のポイントを解説しながら一緒に作業します。
昆虫について深く学びながら、研究員と一緒に標本箱の中身を調べてみませんか?
今年度は以下の日程でデータベース化を行います。皆様のご協力をお待ちしております。
【日程】2020年2月8日(土)、3月7日(土)、13:00~15:30
【会場】「森の学校」キョロロ2F
【参加料】無料
【定員】なし
【対象】中学生以上
※開催当日にキョロロ受付にて参加される旨をお申し付けください。会場にご案内します。途中参加もO.K.!

【満月のブナ林探検】のご案内

金曜日, 1月 10th, 2020

\満月のブナ林を散策しよう!/
静まり返った夜のブナの森、雪面に伸びるブナの月影、満月の夜ならではの幻想的な明るいブナ林をスノーシューを履いて散策します。
ブナ林に詳しいガイドのご案内で、普段はなかなか体験できない特別なひと時を過ごしませんか?
悪天候の場合は中止となります。催行は天気次第。満月がきれいに見える夜となることを祈っています。
皆様のご参加お待ちしております。

【日時】2020年2月9日(日)19:00-20:00
【定員】10名(予約制)
【体験料】大人500円、小中高300円、小学生未満・友の会会員無料
【集合】「森の学校」キョロロ
【お申込み】「森の学校」キョロロまでお電話ください。
【装備】防寒対策をしてお集まりください。スノーシューはご用意いたします。
※悪天候等により月が見えない場合は中止します。催行中止の場合は当日ご連絡いたします。