Archive for the '③イベントだより' Category

生き物だらけの冒険キャンプ2020のご案内

日曜日, 8月 9th, 2020

\生き物だらけの冒険キャンプ/
昨年好評だった「生き物だらけの冒険キャンプ」。新型コロナウイルス感染拡大防止策として、今年は平日に3組限定で開催します。朝から晩まで生き物だらけの冒険に出発しよう!

親子で生き物だらけの冒険キャンプ!
~里山の自然に触れる9つの旅に出発しよう~[1泊2日]

【開催日】2020年 8月19日(水)~20日(木)
【会場】「森の学校」キョロロ周辺、大厳寺高原キャンプ場
【定員】3組 (最少催行人員:1組)≪募集締切≫5日前17:00まで

お申込みや詳細はJTB「旅いく」さんのページをご覧ください!
https://tabi-iku.jtbbwt.com/program/1056019/

———-以下は昨年の第1回目の様子です。———-

初日はキョロロに集合後、オリエンテーションを行い昼食をとった後、「里山の生き物探検」からスタート。
ため池でメダカやシナイモツゴ、数種類のヤゴや立派なトノサマガエルなどの水生生物を採集し観察しました。
20190622_1
20190622_2

その後室内に移動し、この日仕掛ける2種類の昆虫採集トラップの作成を行いました。
一つ目は「バナナトラップ」。発酵臭に誘引される昆虫をねらうトラップです。
20190622_3
20190622_6

もう一つはペットボトルを使った「ノムラホイホイ」。
今回は地表徘徊性の昆虫をねらう餌を作成し、森の中に設置しました。
どんな昆虫が捕獲できるでしょうか?明日までのお楽しみです。
20190622_4
20190622_5

その後、大厳寺高原キャンプ場に移動し各自夕食などを済ませ、夜はお待ちかねの「夜の昆虫探検」を開催しました。
予め仕掛けておいたバナナトラップにはどんな昆虫が集まっているでしょうか?
真っ暗な夜の森の雰囲気を味わいながら、生き物を探していきます。
20190622_7
20190622_8

「ライトトラップ」では光に集まる習性の昆虫を観察しました。
甲虫はやや少なめでしたが、オオミズアオやスズメガの仲間などの様々な蛾や、カワゲラやカゲロウの仲間などを観察することができました。
初日は21時頃に活動を終了し、テントでの宿泊となりました。
20190622_9
20190622_10
20190622_11

2日目は朝早起きをして「探鳥会」からスタート。
大厳寺高原は濃い霧の中でしたが朝からたくさんの野鳥のさえずりが聞こえ、ニュウナイスズメ、コチドリ、ムクドリなどを観察しました。
20190623_1
20190623_2

その後キョロロに向かい前日仕掛けておいたトラップを回収します。
アオオサムシなどのオサムシの仲間やゴミムシの仲間、数種類のアリが観察でき、またネズミがトラップを荒らした?痕なども観察できました。
20190623_3

その後はキョロロの近くにある川に移動し、今度は「川の生き物探し」を行いました。
たも網や水中眼鏡を使って、ちょっと冷たい川に踏み入れがらガサガサと生き物を探します。
ヨシノボリの仲間などの魚や、カワゲラやヘビトンボ、トビケラの幼虫、様々なサイズのサワガニなど、とてもたくさんの生物を観察することができました。
20190623_4
20190623_5
20190623_6
20190623_7

昼食の後は最後のプログラム、「昆虫標本作り」です。
予め用意しておいたキイロスズメバチを使って標本作りの練習を行った後、今回の活動で採集した昆虫を各自1種類だけ標本にしました。
その後、それらの昆虫をじっくり観察してミニ図鑑を作成し、それぞれの昆虫の特徴をみんなの前で発表してもらいました。
20190623_8
20190623_9
20190623_10
20190623_11
20190623_12

ナイトミュージアム2020

日曜日, 8月 9th, 2020

暗闇に浮かぶ標本やアート作品、夜になると活発になる夜行性の生き物など、夜のミュージアムには昼間とは違ったいろんな発見があります。
そんな夜のミュージアムを探検するイベント「ナイトミュージアム」を夏休み自由研究応援シリーズとして今年も開催しました。

夜の草むらや森にはどんな生き物がいるのかな?どんな音が聞こえてくるのでしょうか?まず最初にキョロロ周辺の夜の草地や森を探検しました。
草地ではコオロギやショウリョウバッタ、夜になると巣を張るオニグモの仲間などが観察でき、コナラ林ではカブトムシやスズメガ、大きなヤマナメクジなどを観察することができました。
「スイッチョン、スイッチョン」とハヤシノウマオイの鳴き声が暗闇に響いていました。



館内では、懐中電灯を持ちながら謎解きワークシートを使って館内探検を行いました。
志賀夘助さんの蝶コレクションは、薄暗い館内でひときわ美しく照らし出されます。ワークシートを使いながら、いろいろなチョウを探しました。





生体展示する魚類や両生類の中には、夜に活発に行動している種類もいます。
夜ならではの生き物の行動を観察できました。カブトム観察コーナーでは昼間もカブトムシが元気に動き回っていますが、夜はさらに元気!羽音もブンブン聞こえました。

最後に、ブラックライトをある壁にあてると秘密のメッセージが・・・
ワークシートを使いながら、キョロロ館内を隅から隅まで回り、夜のミュージアムならではの発見を楽しみました!

ススキの葉っぱでバッタづくり

土曜日, 8月 8th, 2020

\ススキの葉っぱでバッタづくり/
キョロロの玄関付近の野外に「草あそびブース」が今日から登場します。地元の野の達人佐藤一善さんから、ススキの葉っぱを使ったバッタづくりを実演していただだいています。お盆期間や土日祝など、上記の日程で10時~12時、13時~15時の時間帯で開催。キョロロのお土産にいかがですか?
【期間】2020年8月8日(土)~10日(月・祝)、14日(金)~16日(日)
【時間】10時~12時、13時~15時
【料金】無料

※今年度は新型コロナウイルス感染拡大防止策として、手指消毒や体験時のマスクの着用をお願いいたします。また、ブース内(タープテント内)での体験は同時に1組のみとさせていただきます。予めご了承ください。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応について
http://www.matsunoyama.com/kyororo/colonayobou/
20180811_2
20180811_4
20180811_3
20180811_5
20180811_1