Archive for the '①生き物だより' Category

5月のクモしらべの結果のご報告

水曜日, 5月 22nd, 2024

5/18(土)にキョロロの森に住むクモを調べる市民協働調査、「クモしらべ」を開催しました。残念ながら参加者はいなかったのですが、調査結果だけ本記事でご報告します。

今回のクモしらべは低木や草本上のクモをスイーピング法で採集したり、リター(落ち葉)中のクモをシフティング法で採集しました。
調査の結果、今回の調査では12 科 24 属 34 種のクモを採集できました。

タナグモ科
1.クサグモ (未成熟)
2.ヤチグモ亜科の一種 (未成熟)

コモリグモ科
3.イナダハリゲコモリグモ (♀)
4.ハタハリゲコモリグモ (♂)
5.ハリゲコモリグモ (♂)
6.カイゾクコモリグモ属の一種 (未成熟)

キシダグモ科
7.ハシリグモ属の一種 (未成熟)

ヒメグモ科
8.ギボシヒメグモ (♂)
9.ヒメグモ科の一種1 (未成熟)
10.ヒメグモ科の一種 2 (未成熟)
11.ヒメグモ科の一種 3 (未成熟)

サラグモ科
12.チビアカサラグモ (♀)
13.ザラアカムネグモ (♀)
14.ミヤマナンキングモ (♂)
15.ヒメヨツボシサラグモ (♂)
16.コウライサラグモ (♀)
17.ヤガスリサラグモ (♀♂)
18.サラグモ科の一種 (♂)

アシナガグモ科
19.シロカネグモ属の一種 (未成熟)
20.エゾアシナガグモ (♂)
21.アシナガグモ属の一種 (未成熟)

コガネグモ科
22.クマダギンナガゴミグモ (未成熟)
23.ヨツデゴミグモ (♀)
24.ヌサオニグモ (未成熟)
25.ムツボシオニグモ (♂)

シボグモ科
26.シボグモ (未成熟)

カニグモ科
27.トラフカニグモ (♂)
28.ハナグモ (♀)
29.コハナグモ (未成熟)

ウエムラグモ科
30.カムラタンボグモ (♂)

ウラシマグモ科
31.ウラシマグモ属の一種 (未成熟)

ハエトリグモ科
32.マミジロハエトリ (♂, 未成熟)
33.マガネアサヒハエトリ (♀, ♂)
34.メガネアサヒハエトリ (♂)
35.シロスジカノコハエトリ (未成熟)

今回の調査ではコウライサラグモ、カムラタンボグモ、シロスジカノコハエトリの3種のクモを初めて確認できました。

コウライサラグモ


カムラタンボグモ

 


シロスジカノコハエトリ

今回一番気になったクモは上記リストの18番のサラグモ科の一種。クモは交尾器で種同定を行うのですが、このサラグモ科の交尾器は非常に変わった形態をしていました。引き続き同定作業を進める予定ですので、進捗がありましたらまたご報告させていただきます。

未判明のサラグモ科の一種

第68回松之山探鳥会のご案内

金曜日, 5月 17th, 2024

68回目を迎える「松之山探鳥会」が開催されます。今年も夏鳥が松之山に渡ってきました。野鳥の囀りのシャワーを浴びながら、バードウォッチングで雪里の朝のひとときを楽しんでみませんか。

〇野鳥集会
【日時】令和6年5月25日(土)午後7時~9時
【会場】松之山温泉鷹の湯 松之山温泉センター 鷹の湯2F
【発表】「松之山の野鳥」松之山野鳥愛護会
「ハクチョウの故郷をたずねて
」新潟県野鳥愛護会前会長 渡辺央 様

〇第68回松之山探鳥会
【日時】令和6年5月26日(日)午前4時30分~7時30分
【集合場所】「森の学校」キョロロ駐車場
【参加申込】キョロロまで事前申込をお願いします。
【探鳥コース】当日お好きなコースをお選びください。
・美人林高畑コース
・バードピア須山(キョロロの森)コース
・越道川コース
【参加費】500円 ※小雨決行のため雨具をご用意ください。

【タニウツギの季節へ】5月の花ごよみしらべ

日曜日, 5月 12th, 2024

5月11日(土)に5月の「花ごよみしらべ」を開催しました。
里山は春の花々から初夏の花々へ一気に変化しています。今回は42種の開花した植物を観察することができました。

▲キョロロ玄関付近のタニウツギ。「カジバナ(火事花)」とも呼ばれ、屋内に入れることを忌み嫌われました。
田植えシーズンの始まりを象徴する花でもあります。

▲珍しい白花のタニウツギもありました。「シロバナウツギ」という標準和名がついています。

▲ウリハダカエデの花(雄花)も花盛りです。

▲レンゲツツジも咲き始めました。毒があり注意です。

▲ヒロハテンナンショウ

▲マムシグサ

▲フジ。今年はフジの花が非常に多い印象があります。里山のいたるところで開花しておりますが、フジの繁茂は里山に人の手が入らなくなった結果でむあります。

▲ミツバアケビの雄花と雌花。秋にはアケビが楽しみです。

▲林内ではチゴユリの季節です。可憐な小さな花を下向きに咲かせています。

▲オオイワカガミ。常緑の植物ですが、若葉も出始めました。林内で薄ピンク色の花が彩を添えています。

▲ウワミズザクラ。「アンニンゴ」とも呼ばれ、若い花穂と未熟の実は塩漬けにし食用にもなります。

日向は汗ばむほどの初夏の装いで、日陰や林内を中心に散策しながら花々を観察しました。
次回は6月1日(土)の開催となります。皆様のご参加おまちしております!