Archive for 10月, 2013

キョロロ研究員 ミニ講演会のご案内

日曜日, 10月 20th, 2013

 昨年まで好評だったキョロロ研究員のミニ講演会を今年も開催します。3年目を迎える今年は、研究員だけでなくキョロロ館長も講演者として加わり、各々の専門分野の話や日頃の研究・調査活動、十日町市の自然の魅力などについて楽しく、分かりやすく紹介します。また、今回は十日町市情報館と松之山自然休養村センターの2つの会場で、2人ずつ講演を行います。詳細は以下の通りです。

◇第1回
[日時] 10月23日(水) 午後7時~午後8時30分
[会場] 十日町情報館
[講演者と演題] 
 講演1 小林誠(研究員) 「-これであなたもブナ林博士- 十日町市のブナ林の魅力、課題とその未来」
 講演2 岩西哲(研究員) 「ありんこ視点で考える身近な環境の生物多様性」 

◇第2回
[日時] 10月30日(水) 午後7時~午後8時30分
[会場] 松之山自然休養村センター
[講演者と演題]
 講演1 鶴智之(研究員) 「雪の上にも虫がいる! ~不思議な生き物 "雪虫"~」
 講演2 村山暁(館長) 「ブッポウソウの子育て奮闘記」

いずれの日も参加費は無料です。

参加いただくと、見慣れているはずの自然がきっと新鮮なものに見えてきますよ♪
ぜひ、気軽にご参加ください。(チラシPDFはこちら)

 

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2013年10月20日

開館10周年記念植樹イベント実施

金曜日, 10月 18th, 2013

10月14日(月・祝日)、秋晴れの良いお天気の中、キョロロ開館10周年記念植樹イベントを実施することができました。地域の方々総勢38名の参加を得て、約500本のブナの苗を無事植えることができました。

開会のご挨拶を、キョロロ開館10周年記念事業実行委員長の蔵品泰治教育長からいただきました。

伏せておいたブナの苗木を、ソリで植える場所まで運びます。大きく育った苗木は、2mにもなっています。

関口市長は奥さんと一緒に植樹イベントに参加され、汗を流しながらたくさん植えてくださいました。

さらに、関口市長は蔵品教育長とも息を合わせてブナを植えていました。

小さなこどもも大人に交じってブナの植樹を手伝いました。この子たちが大きくなったとき、立派なブナ林になっていることでしょう。

約1000㎡の上と下から植え始め、約1時間半で植え終わりました。

植樹が終わった後の記念集合写真

皆さんお疲れ様でした。心地良い汗を流したひとときでした。

なお、この植樹イベントには、東京松之山会(高橋秀夫会長)からいただいている景観資金の一部を活用させていただいています。有り難うございました。心から御礼を申し上げます。

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2013年10月14日

キノコ探検2013

水曜日, 10月 16th, 2013

三連休の中日の日曜日、今年もキョロロでキノコ探検を行いました。

定員いっぱいの20名の参加者があり大盛況でした。
しかーし...、しばらく天気が続いていたこともあってかキノコの収穫はさっぱり(涙)


そこで、キノコ以外の秋の味覚も味わうことにしました。
講師の保坂さんご指導のもと参加者の皆さんとともに調理を進めます。


まず一つ目がヤマナシの実です。栽培されているものと違い大きさは小さいですが、
味は濃くて格別!


砂糖でシロップ煮にしていただきました。
甘酸っぱくて、山歩きで疲れた体に優しい味でした。


ヤマノイモのムカゴもたくさん採れました。
こちらはフライパンで炒めて塩をまぶしていただきました。
シャキシャキの食感がたまりません。
ご飯に混ぜて炊き込みご飯にしてもおいしいそうです。
来年はたくさんキノコが採れることを祈っています。

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2013年10月16日