Archive for the '④キョロロ雑記' Category

夏季企画展「眼展-生き物が見る世界のカタチ-」開幕!

金曜日, 7月 23rd, 2021

7/17(土)より夏季企画展「眼展-生き物が見る世界のカタチ-」が開幕しました!今年のキョロロの夏は生き物の「眼」がテーマです。
眼から入る情報は人間の脳で処理する情報の大部分を占めると言われています。全動物種の90%以上が眼を持ち、視覚は多くの動物にとって重要な役割を果たしています。
生き物はどのように世界を見ているのでしょうか?眼の形や機能は動物によって実に多様で、動物ごとに「世界の見え方」は異なっています。

企画展では里山に生息する昆虫やクモ、カエル、ヘビ、鳥などの様々な動物が持つ眼の多様性と、それらの動物がどう世界を見ているのかをご紹介しています。
クイズラリーなどで展示を見ながらより深く生き物の眼の世界を楽しむこともできます。
夏休みがはじまり多くの皆様からご来館いただいております!


「カブトムシ観察コーナー」ではケージ内のカブトムシを近くで観察することができます。
じっくりカブトムシを観察しながらお絵描きを楽しむ皆さんもたくさんいらっしゃいます。
※感染拡大防止策として今年もケージタイプで観察コーナーを設置しています。

夏休みがはじまり、多くの皆様からご来館いただき、里山の自然体験を楽しんでいただいております。
引き続き、感染拡大防止策にご理解とご協力をお願いいたします。

<ご来館のお客様へのご協力のお願い>
・ご入館時に、非接触型体温計による検温の実施をお願いしております(37.0℃以上の発熱が確認された場合は、入館をお断りさせていただきます)。
・マスクの着用、咳エチケットへのご協力をお願いします。
・発熱や咳等の風邪症状の見られる方は来館をお控えください。
・手指消毒やこまめな手洗いの徹底をお願いします。
・他のお客様と十分な間隔(2mを目安)あけて館内をご覧ください。

<体験イベントご参加のお客様へのお願い>
・イベント実施時の体調確認をさせていただきます。
・こまめな水分補給を行いながらのマスクの着用や咳エチケットへのご協力をお願いします。
・定員設定や事前申込による定員管理を実施いたします。
・他のお客様と十分な間隔(2mを目安)あけてご参加ください。
・使用道具の洗浄や消毒を実施しています。
・室内イベントの会場変更や休止を行う場合があります。

<感染防止への取り組み>
・受付にエチケットシートを設置しています。
・お客様が手に触れる展示や設備等の定期的な消毒を実施しています。また各所に消毒液を設置していますのでご利用ください。
・一部通行方向を設定している箇所がございます。
・開館時は空調設備からの常時外気導入や換気を行っています。
・さとやまキッチンは座席や椅子を減らしています。
・木工体験コーナーは【事前予約制】【体験時間&人数の制限】を行っています。
・スタッフはマスク着用でご対応させていただきます。
・今後予定されているイベント等は変更の可能性があります。

【プレスリリース】松之山で新種昆虫2種を発見しました。

月曜日, 7月 19th, 2021

十日町市松之山の天水山で採集されたヒメガガンボ科の昆虫2種が、「森の学校」キョロロの加藤大智研究員の発表した論文により、新種「 Eloeophila apicisetula」、「Eloeophila tergilobellus」として認められました。キョロロでは昨年12月にも新種ガガンボの発見を発表しており、松之山で新種昆虫の発見が相次いでいます。

1.論文概要
・出版雑誌:「Zootaxa」(動物分類学に関するニュージーランドの国際学術雑誌)
・出版日時:2021年7月1日
・論文タイトル:「Taxonomic study of the genus Eloeophila Rondani, 1856 of Japan (Limoniidae, Diptera).」(日本のEloeophila属の分類学的研究)
<論文URL https://www.mapress.com/zt/article/view/zootaxa.4995.3.2
・著 者:Daichi Kato/十日町市立里山科学館 越後松之山「森の学校」キョロロ 加藤大智研究員(専門…ハエ目の分類学)
・概 要:日本産Eloeophila属の種はこれまで9種が知られていたが、国内各所で採集した標本、アメリカのスミソニアン博物館に保存される既知種の新種記載時に用いられたタイプ標本の調査をもとに、5新種が認められ、既知の2種と1亜種は国内外の種と同種と判断された。その結果、日本産の本属の種は13種となった。

2.十日町市からの新種2種の概要
・本論文の5新種のうち、2種(「Eloeophila apicisetula」・「Eloeophila tergilobellus」)が、十日町市で採集された個体をもとに新種記載された。2種の学名はそれぞれ特徴的な「翅の先端付近の微小な毛の列」、「オスの腹部第7・8節の小突起」に由来する。
Eloeophila属の新種が論文掲載されたのは、日本では1976年以来45年ぶり。
・十日町市での採集地は松之山の天水山の標高900m付近のブナ林で、当地域以外にも東北・中部地方でも発見されている。なお、昨年12月に発表された新種の「Ulomorpha longipenis」は、北海道から九州から広く分布している。
・キョロロの一連の新種発見は、身近な自然環境でも新種が見つかる可能性を示す好例で、展示公開や環境教育活動での活用とともに、地域の自然環境の保全や生物多様性の理解の深化を期待する。

春季企画展「The昆虫採集展」の投票結果

日曜日, 7月 18th, 2021

2021年3月20日から始まった「The昆虫採集展」は7月11日をもって終了しました。この期間中も新型コロナの影響が続いていましたが、例年並みのご来館者数となりました。誠にありがとうございました。本企画展では様々な昆虫採集方法を紹介し、その中でよく使われる採集方法10種類について人気投票を設けていましたのでその結果をお知らせします。今回は157名のお客様に投票していただきました。

 まず投票者の性別構成は男性41%・女性46%と、女性の方が5%も多い結果となりました。去年夏の企画展「虫のスゴ技展」では男性51.9%・女性43.6%で男性が8.3%多く、今回の企画展は比較的女性に関心を持たれる内容だったのかもしれません。投票者の年齢構成については、0~14歳までが48%を占めていました。前回の夏の企画展では(年齢区分が異なります)、10代未満が56.1%であり、今回の企画展は明らかに投票者の年齢層が全体的に高めであることがわかります。30代以上で比べると、今回が23%、前回が13.6%となっています。内容が少し大人向けだったのだと思います。年齢構成を男性・女性で比較すると、前回と似た傾向が出ていました。男性では若い年齢層、特に0~14歳が60%と多く、女性では0~14歳が41%でそれ以降の年齢層が全体的に多くなりました。

 さて肝心の採集方法の投票では「好きな、または、やってみたい昆虫採集方法」で第三位まで選んでいただきました。最も人気だったのは、「第一位」において2位と大差をつけて1位だった「⑩ライトトラップ」でした。暗闇の中でカブトムシやクワガタなどの人気昆虫が飛んでくるかもしれないというドキドキ・ワクワクの採集方法なので1位もうなずけますね。2位も3位と大差をつけての「①捕虫網」でした。昆虫採集の王道ともいえる最もシンプルかつ応用のきく方法でやはり人気でした。3位以下は接戦で、3位が「⑧ツルグレン装置」4位が「⑦イエローパントラップ」でした。第一位から第三位までの合計、すなわち投票券に書かれた数の多さの第4位まででは、「第一位」の上位3位の順位に「⑥ピットフォールトラップ」が2位で割り込んだ形となりました。「⑥ピットフォールトラップ」は一番やりたいわけではないけれど、第二位・第三位で上位に上がってくる名脇役のような存在でした。一方「⑦イエローパントラップ」は「第一位」では4位でしたが、「第一~三位合計」では9位と低い順位でした。男女で比較すると「第一~三位合計」では順位は変わらず、「第一位」では男性で3位に「⑦イエローパントラップ」と同列で「②ビーティング」が来ているのが特徴的でした。

 全体として1位2位に「ライトトラップ」「捕虫網」が来るのはなんとなく予想できましたが、それ以降は何も予想がつかず、3位「ツルグレン装置」、4位「イエローパントラップ」が来たのは面白く思いました。「ツルグレン装置」は普段は小さすぎて捕まえにくい微小な虫を一気に採集でき、顕微鏡を通してミクロな世界をのぞけるところに魅力があったのだと思います。また、これを1位に選んだ方から「なんかかっこいい」というコメントもありました。「イエローパントラップ」は黄色い容器と水と洗剤のみでできるお手軽さがよかったようで、これを1位に選んだ方から「すぐにできそう」などのコメントがありました。

 今回の企画展で様々な昆虫採集方法を知っていただき、昆虫採集をより楽しんでいただければ幸いです。一方で特に人口が比較的多い地域ではカブトムシやクワガタを採集できるノムラホイホイなどのトラップが仕掛けられたまま放置されている状態が多く目撃され、問題になっています。このような問題が大きくなると、ある地域のように「トラップ採集禁止」の規制がかかってしまうかもしれません。ぜひ採集マナーも守った上で採集していただくようお願い致します。