Archive for the '①生き物だより' Category

クロサンショウウオの産卵【卵塊・メスを待つオス・ケンカ】

金曜日, 5月 6th, 2022
\クロサンショウウオの産卵/
雪解けの後のため池ではクロサンショウウオの白い卵塊をよく見るようになりました。
交尾・産卵のために池に集まるたくさんのクロサンショウウオ、卵をもつお腹の大きなメス、メスを待つオスたち、オス同士のケンカの様子をご紹介します。

GWイベント!「昆虫標本づくり講座」と「山菜さがし」

水曜日, 5月 4th, 2022

GW中盤、キョロロはたくさんのひとでにぎわっています。
今年のGWは雨が降ることもありましたが、5月3日(火・祝)には屋内・屋外でイベントを開催することができました!
午前は「昆虫標本づくり講座」、午後は「山菜さがし」が催されました。


午前中の「昆虫標本づくり講座」に参加された皆さんは、親子で挑戦!
今回は松之山周辺で採集された「カブトムシ」と「ノコギリクワガタ」を標本にしました。
発泡スチロールのうえでピンセットやまち針を使い、”カッコイイ標本” になるようにムシの形を慎重に整えていきます(この作業を展足といいます)。
今回は標本やラベルのほかに、お手製の標本箱も作製しました。
標本が十分に乾燥したら、ラベルと一緒に標本箱におさめて、大切に保管してくださいね♪



午後はキョロロ周辺で「山菜さがし」です。
あちらこちらに雪が残っているなか、目を凝らしながら山菜を探しました。
山菜やほかの様々な植物について解説を受けながら、思い思いに春の山菜を集めました。
最後はどんな山菜がとれたのか、みんなでおさらい。全部で15種類の山菜が採れました:アサツキ、イタドリ、ウド、オオバクロモジ、コゴミ、コシアブラ、スイバ、スギナ(ツクシ)、ゼンマイ、タネツクバナ、フジ(実)、フキ、ミツバアケビ、ヤブカンゾウ、リョウブ。
試食会を実施することはできませんでしたが、皆さんの夕方の食卓には新鮮な春の味覚が並んだことでしょう。

キョロロではGW後半にもイベントが予定されています。
イベントに参加される皆さん、キョロロや芸術祭を観覧される皆さんのご来館をお待ちしています!

【生物多様性×アートの融合】越後妻有 大地の芸術祭2022開幕

土曜日, 4月 30th, 2022

4月29日(土)から越後妻有 大地の芸術祭2022が開幕しました。11月13日(日)まで145日間のロングランです。
里山科学館「森の学校」キョロロでは、大地の芸術祭の期間中3つの企画展(春・夏・秋冬)を開催します。
春季企画展「みんなでみつけた1322種のいきもの展」が現在開催中です。

大地の芸術祭2022の開幕に合わせ、常設展示「ZooMuSee」&「超高解像度人間大昆虫写真 [life-size]」をリニューアルしました!
どちらとも大地の芸術祭アーティストの橋本典久氏+scopeが制作する、生物多様性とアートが融合したコンテンツです。
ZooMuSeeは4Kの75インチ大型タッチディスプレイで、大迫力の大きさで超高解像度の昆虫写真を細部まで拡大して観察することができます。
今回、搭載する昆虫の数を122種から227種へ大幅に増やしました!また複数の昆虫が集結した集合画像の追加、新たな「おまかせチョイス!」「ツアー」なども新機能も追加されました。
多様な昆虫の造形美を心ゆくまで鑑賞してください!



さらにエントランス上部壁に設置していた超高解像度人間大昆虫写真[life-size]もリニューアル。
アサギマダラ、マユタテアカネと共に、横約6m×縦3m以上の巨大な昆虫集合作品が登場しました!
200種類以上の昆虫が集合した大迫力の[life-size]、来館者の皆さんの眼を釘付けにしています。

生物多様性とアートが融合した大迫力の作品をキョロロでぜひご堪能ください!