ハナアブしらべの活動報告

 「森の学校」キョロロでは5月8日(土)に市民協働調査の「ハナアブしらべ」を行いました。去年、珍しい新種の可能性の高いハナアブを村越心士君が見つけてくれた影響か、今年度は参加者満員でのスタートとなりました。前半はキョロロの森で採集し、後半は採集したものを顕微鏡で観察したり、標本を作製したりしました。まだハナアブの出始めの時期で、なかなか太陽が出てきてくれない曇りでもあったため、ハナアブは見つけづらい状況でした。それでも参加者のみなさんは素早く飛んで逃げることも多いハナアブを一生懸命採集してくれました。

今回はニッポンクロハナアブ、ホソヒラタアブ、ヨコジマオオヒラタアブの3種が採集されました。なんとヨコジマオオヒラタアブは十日町市レベルで未記録の種で、これまた村越心士君が採集したものでした。恐るべし発見力に脱帽です。これで松之山からは合計39種のハナアブが確認されたことになります。

次回の「ハナアブしらべ」は6月12日(土)の13:30~16:00に実施します。6月は今回よりもたくさんのハナアブが発生していること間違いなしで、天気がいいことを願うのみです。例の新種の可能性が高いハナアブも去年の6月に採られていますので期待したいところです。皆様のご参加をお待ちしております。

虫捕りワナづくり・山菜探しのご報告

「森の学校」キョロロではGW中の5月3日(月)に「虫捕りワナづくり」と「山菜探し」を開催しました。どちらもほぼ定員いっぱいの参加があり、盛況のまま終えることができました。

「虫捕りワナづくり」はキョロロの春の企画展と関連した新規イベント。昆虫を採集するためのワナを自作したり、実際に虫を罠にかけて採集したりします。今回のイベントではベイトトラップとして万能に使える「ノムラホイホイ」、色を使って昆虫を集める「イエローパントラップ」、飛翔する昆虫を集める「フライトインターセプタートラップ(FIT)」の3種類のトラップに着目してみました。
ノムラホイホイは2Lペットボトルを加工して作ることができます。親子で一緒になってペットボトルを切って色を塗って仕上げました。

ノムラホイホイを作っている間にイエローパントラップとFITをキョロロの森に仕掛けました。トラップを仕掛けていた時間はほんの1時間程度で気温は低めでしたが、それでもハムシ、ハチ、アブやハエの仲間を採集することができました。

「山菜探し」は毎年GWに開催しているキョロロの人気イベント。地域の山菜の達人、佐藤一善さんをお招きして里山の身近な場所に自生する様々な山菜を採集しました。
松之山の春には、灰汁が少なくて美味しい山菜が民家のすぐ近くにたくさん生えています。イベントでは山菜の見分け方や美味しい食べ方などを佐藤さんから教えていただきました。
20210503_山菜探し01
20210503_山菜探し02

意外な種類の野草や木の新芽を食べることができることに参加者はみな驚いていました。
途中から雨が降ってきたため採集時間は長くありませんでしたが、それでもアサツキ、ウド、オヤマボクチ、エビラフジ、フキ等々十数種類の山菜を採ることができました。

虫捕りワナづくりは今年は8月と9月にも開催する予定になっています。今回は天候が寒かったこともありあまり採集できませんでしたが夏になればより多くの昆虫が採集できると思われますので、是非ご参加ください。

【タイムラプス】ブナ林の「根開け」のでき方

\「根開け」はどのようにできるのだろう?/
雪解けとともに樹木の根元付近が同心円状に解けてくる「根開け」は、残雪期のブナ林ならではの光景です。
残雪期のブナ林にて根開けができる様子を2週間ほどかけてタイムラプス撮影を行いました。