Archive for the '③イベントだより' Category

冬鳥と夏鳥が入り混じった定例探鳥会

火曜日, 4月 27th, 2021

「森の学校」キョロロの市民協働調査と松之山野鳥愛護会共催の4月の定例探鳥会が、4月24日午前5時から8時の間で開催されました。当日の天気は晴れていましたが、気温は約3℃と夜間の放射冷却で冷え込んだ朝となりました。

豪雪地松之山の4月は、冬鳥と夏鳥が入れ替わる季節で、冬鳥のカシラダカの複雑な澄んだ囀りや夏鳥のクロツグミの森に響き渡る囀りなどを堪能しました。初冬から囀り始めている澄んだ美しい音色のミソサザイの囀りは野鳥の恋の季節を一段と盛り上げていました。

夏鳥の初認としてサンショウクイ、ヤブサメ、コサメビタキ、ノジコなどが多く記録できた探鳥会でもありました。また、キョロロの森に響いた移動途中のコマドリの囀りは一年ぶりでありました。

キョロロの森の遊歩道にはまだ雪が残り、朝の冷え込みで凍み渡りができました。ブナの新緑と、それに続く他の木の淡い芽吹き色の中、野鳥の囀りが心地よく感じられた探鳥会でありました。

確認種 41種
オシドリ、キジバト、カワウ、アオサギ、サシバ、コゲラ、オオアオゲラ、アオゲラ、サンショウクイ、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、ヤブサメ、エナガ、メジロ、ゴジュウカラ、ミソサザイ、カワガラス、クロツグミ、ツグミ、コマドリ、ジョウビタキ、コサメビタキ、キビタキ、ニュウナイスズメ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、カワラヒワ、マヒワ、イカル、ホオジロ、カシラダカ、ノジコ

記録写真の中から野鳥を紹介します。

オシドリ 森撮影

キジバト 樋口撮影

サシバ 森撮影

オオアカゲラ 樋口撮影

アオゲラ 樋口撮影

アオゲラ 森撮影

クロツグミ 樋口撮影

クロツグミ 村山(暁)撮影

ツグミ 村山(暁)撮影

コサメビタキ 樋口撮影

キビタキ 村山(暁)撮影

キセキレイ 樋口撮影

カワラヒワ 樋口撮影

マヒワ 樋口撮影

イカル 樋口撮影

ホオジロ 樋口撮影

定例探鳥会の参加者の様子

冬鳥から夏鳥へ 4月の定例探鳥会のご案内

水曜日, 4月 21st, 2021

4月の定例探鳥会を松之山野鳥愛護会と共催で開催いたします。

【日時】2021年4月24日(土)5:00~8:00
【集合場所】キョロロ駐車場に午前5時までにお集まりくだい。
【定員】20名(事前申込制)
【その他】
〇新型コロナウイルス感染拡大防止策へのご理解とご協力をお願いします。
(1)密を避けて距離を保つこと
(2)道具や物をできるだけ共有しない。共有した場合手指の消毒をすること
(3)マスクなどで飛沫の拡散を防ぐこと
〇参加される方は前日までに「森の学校」キョロロ、又は野鳥愛護会会員にお申し込みください。

今日20日現在の積雪量は、「森の学校」キョロロ付近で60㎝になりました。美人林をはじめブナの芽吹きがはじまり、残雪と新緑、根開け、芽鱗のじゅうたんなど今でなければ見ることができない光景が広がっています。野鳥も冬鳥から夏鳥に替わる季節です。さえずりも日に日ににぎやかになってきています。

最近撮影された野鳥を紹介します。

コチドリ 夏鳥 4月16日 樋口撮影

トビ 留鳥 4月16日 樋口撮影

サシバ 夏鳥 4月14日 樋口撮影

アカゲラ 留鳥 3月27日 村山(暁)撮影

メジロ 留鳥 4月12日 樋口撮影

ムクドリ 留鳥 3月27日 村山(暁)撮影

ムクドリ 留鳥 4月14日 樋口撮影

ツグミ 冬鳥 4月20日 村山(暁)撮影

ニュウナイスズメ 夏鳥 3月27日 村山(暁)撮影

カシラダカ 冬鳥 4月14日 樋口撮影

【SDGs】里山の生き物サポーターズ①-生き物も暮らしやすい田んぼづくり-

金曜日, 4月 16th, 2021

<協力者募集中!>「里山の生き物サポーターズ」は里山管理活動と連動した生物多様性保全活動イベントです。今年度も里山の田んぼ、ため池、森、草地をフィールドにした里山管理活動を通して、みんなで楽しく生き物が暮らしやすい環境の創出や維持を目指します。

初回(4/24)は「生き物と共存できる田んぼづくり」をテーマに、田んぼに通年水があり水生生物が避難できる水路「江(え)」をつくります。「江」は本来冷たい水が田んぼに直接入らないようにいったん水を滞留させる通水路ですが、多様な水生生物の生息環境でもあります。現代の慣行農法で広く行われる中干しの際にも、生き物の避難場所として機能する側面があることから、生物多様性保全に視点を当てた環境保全型農業の一つとして導入されています。農業と生物多様性の保全を両立する取り組みの一つとして、キョロロの田んぼに江をつくり、生物多様性の保全に配慮したお米作りの舞台の整備につなげていきます。

第1回里山の生き物サポーターズ
【開催日時】2021年4月24日(土)13:00~15:00
【参加費】無料
【定員】20名(事前予約制)

<里山の生き物サポーターズ>
キョロロでは里山管理活動と連動した市民参加型の生物多様性保全活動「里山の生き物サポーターズ」を実施しています。木を伐る、草を刈る、水環境を管理するといった伝統的な里山管理が、多くの生物の生息環境の創出や維持につながることに注目し、「里山の生物多様性の保全」という目標を共有しながら里山管理活動を参加者の皆さんと実践するものです。近年、国連が掲げる「SDGs(持続可能な開発目標)」の達成に向けて、私たちの生存の基本である衣食住を担う「生態系サービス(生態系からの恵み)」の持続可能性が、重要なテーマとして認識されています。人間活動の影響を受けて持続的に維持されてきた里山は、持続可能な社会形成に向けた環境-人間のつながりを考える上で、実践的な学びや行動の舞台として適した場所の一つだと私たちは考えます。「里山の生き物サポーターズ」は、里山の生物多様性の保全を目的に誰もが参加できるボランティア参加型のイベントです。里山に関わる一人一人の行動が、里山の持続的な暮らしと生物多様性のつながりの実感に結び付き、里山の生物多様性の保全やその達成に向けた教育資源となることを期待しています。