キョロロ研究員ミニ講演会2014のご案内

毎年恒例のキョロロ研究員ミニ講演会を今年も開催します。


3人の研究員とキョロロ館長が、各々の専門分野の話や日頃の研究調査活動、十日町市の自然の魅力などについて楽しく、わかりやすく紹介します。

昨年に続き、今回も十日町情報館と松之山自然休養村センターの2つの会場で、2人ずつ講演を行います。詳細は以下の通りです。

◇第1回
[日時]10月22日(水)午後7時~午後8時30分
[会場] 十日町情報館・視聴覚ホール
[講演者と演題]
講演1 鶴 智之(研究員)「雪里が育む十日町市の貴重な“昆虫”紹介します」
講演2 村山 暁(館長)「ブッポウソウの保護活動 ~目の当たりにした子孫を残す厳しさ~」

◇第2回
[日時]10月29日(水)午後7時~午後8時30分
[会場] 松之山自然休養村センター
[講演者と演題]
講演1 小林 誠(研究員)「美人林の“今”を知ろう」
講演2 岩西 哲(研究員)「アリの巣内は鬼ばかり!? ありんこ社会にみられる様々な対立と協調」

いずれの日も参加費は無料です。
さらに、参加された方にはキョロロが出版した冊子の中からお好きなものを1冊プレゼント♪

身近な自然の見方が変わる目からウロコな話や、日常ではなかなか聞くことができないマニアックな話などなど、ミニ講演会でしか聞くことができない話が盛りだくさんです!! ぜひ、気軽にご参加ください。(チラシPDFはこちら

 

map_link_img地図へのリンクはこちら
撮影日:2014年10月16日

Comments are closed.